初めての方はサービス重視で選ぶべし

実はそんなに難しくない?審査について

女性画像

「審査」と聞くと、どうしても複雑だったり、厳しくチェックされるイメージを持つかもしれません。

ですがクレジットカードの審査は、案外シンプルな仕組みとなっているため余計な心配は無用です。

具体的に「審査では何を見られるのか?」要点を分かりやすくまとめました。

クレジットカード審査の柱は3つ

審査の中で、特に柱となるポイントが以下の3つです。

1.返済能力

2.人間性

3.資産状況

それぞれを簡潔に解説しましょう。

まず「1」の返済能力についてですが、当然クレジットカードでは利用後に返済の必要がありますので、「返済できるだけの能力や収入があるか?」を審査ではチェックされます。

申し込み者が申告した情報を元に、年収はもちろん支出の内訳などを見ながら、「返済に回せるお金があるか?」を確認されるわけですね。

次に「2」の人間性について。

こちらは過去の支払い履歴や現在の利用残高などがまとめられた「信用情報」を中心に、「お金に関する責任感や信頼度」がチェックされると考えてください。

もちろん過去に延滞や滞納などがなく、返済をきちんと行っている履歴が確認できればそれだけ審査では有利になります。

また信用情報とは別に、「申し込み時にウソをついていないか?」などの点も信用性を図る為に審査ではチェックされます。

最後に「3」の資産状況ですが、こちらは住居形態(賃貸・持ち家)や居住年数、保有資産の有無などがベースとなり、資産を保持していればそれだけ審査では評価を得やすくなります。

例えば、万が一ケガや病気などで働けなくなっても、資産があれば返済に回すことも可能ですよね。

クレジットカード会社からすれば、「貸し倒れ」が最も避けるべきリスクとなりますので、資産を保有している人ほど安心してサービスを提供できるわけです。

審査で重視される「クレヒス」とは?

クレジットカード審査に関する話の中で、「クレヒス」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

「クレジットヒストリー」、つまり「過去のクレジット関連の履歴」を意味しています。

では過去の履歴が審査でどのような意味を持つのでしょうか?

例えば、過去にクレジットカードを1度も使ったことがないAさん。

10年間クレジットカードを継続利用していて、なおかつ延滞や問題を起こしていないBさんの二人がいたとしましょう。

この場合、Aさんは特に問題を起こした履歴がないにもかかわらず、Bさんよりも審査では低い評価を受けるケースが多くなります。

理由はいたって単純で、「利用履歴がない」=「実績がない」とも判断出来るからです。

またクレヒスが全くない状態の場合、過去に金融事故を起こしてしまい、一定期間(5年など)クレジットカードを作れなかったため利用履歴がないパターンも考えられます。

そのため、「クレヒスが少ない」もしくは「全くない」場合は審査で不利に働くケースもあると覚えておきましょう。

とはいえクレヒスが少なくても作れるカードはありますので、「評価されるクレヒス」を作るために、クレジットカードをこまめに使いながら延滞しない期間を積み重ねることを心掛けましょう。

入会するとお得!特徴別のクレジットカード特集

条件に合うクレジットカードをすばやく検索!

カード種類
発行スピード
ポイント還元率
利用限度額
年会費
国際ブランド
ポイント交換先
電子マネー
付帯保険

ページ上部へ